テストステロン (男性ホルモン)とは

テストステロン (男性ホルモン)とは

テストステロン (男性ホルモン)とは

テストステロンとは、男性ホルモンのひとつです。

 

男性の第二次性徴を起こす際に分泌されるホルモンで、以後男性の成長や性衝動などにも関与するホルモンです。

 

男性らしさなどをつかさどるホルモンとしても知られており、医薬品としても広く応用されています。

 

テストステロンの分泌量が少なくなってしまうと、EDなどの症状が出ることでも知られています。

 

また精神的にも消極的になるという一説もあるようで、男性更年期などに起こる不安感や挫折感というような、「男性的な思考」が難しくなってしまうということに、深く関与しているのではないかと考えられています。

 

 

EDや中折れなどで悩んでいる方は、テストステロンを配合した男性用のクリームを使われるとよいでしょう。

 

ホルモンを補充するタイプの軟膏があり、局所へ塗りこむだけでテストステロンの補充を行うことができます。

 

医師の処方薬に頼りたくないと考える方や、人知れず中折れなどの症状を改善できないものかと考えている方にはお勧めです。

 

 

またこのテストステロンが減少すると、男性型脱毛症などにもつながることが分かっています。

 

このテストステロンの分泌力を高めるためには、「トンカットアリ」というマレーシアでは有名なハーブを用いたサプリメントを用いたり、ガラナやマカなどが配合されたサプリメントなどを摂取することをお勧めします。

 

 

ホルモン分泌を促すためには、食生活の改善を行ったり、十分な睡眠などを含めた休養もカギとなってきます。

テストステロンはどこで作られるの?

テストステロンは、アンドロゲンと呼ばれるグループに属する物質で、代表的な男性ホルモンです。

 

人間の男性の場合では、テストステロンの約95%が睾丸の中にある精巣で作られており、約5%が副腎で作られています。

 

男性ホルモンであるテストステロンは、女性の身体には存在しないと考えられがちですが、それは誤りです。

 

女性の身体の中にもテストステロンは存在しており、女性の場合は主に卵巣で作られています。

 

なぜ女性であるにもかかわらず男性ホルモンが必要なのか?という疑問を持たれるかも知れませんが、ホルモンはどれも単独で作用するというよりも、複数のホルモンがバランスを取ることによって、うまく作用していると考えていただければ良いでしょう。

 

女性の陰毛等は、テストステロンがあることで生えることが分かっています。

 

 

テストステロンの成分は、多くがステロイドです。

 

人間は生まれる際に、子宮の中でアンドロゲンシャワーと呼ばれている、急激なテストステロンの分泌にさらされることが分かっています。

 

これにより女性的な特徴は失われ、男性として生まれてくることになります。

 

 

胎児はこの後、第一次性徴によって、外生殖器(睾丸および陰茎)が形成されるようになります。

 

男性は思春期に第二次性徴期を迎え、睾丸や陰茎が成長し体積を増すとともに、精液などが盛んに分泌されるようになります。

 

 

また俗に言う声変わりもこの時期に起き、肩幅が広くがっちりとした体格が形成されるようになります。

 

脇毛や陰毛、ヒゲなども、この時期から急速に生えるようになります。

 

テストステロンの働きとは

テストステロンは、思春期にはペニスの発達を促進する作用があります。

 

またテストステロンは、いわゆる我々の持つ性欲を刺激する働きも持っています。

 

さらには、フェロモンといいますが、異性を引き付ける効果があるといわれている、体臭を発生させる作用があり、興奮作用があることで知られる、ドーパミンの分泌を促進させる働きもあります。

 

 

またテストステロンには、骨盤にある神経に刺激を加える働きもあります。

 

骨盤にある神経に刺激を与えることで、勃起を促す効能があります。

 

男性は性的な興奮を受け、勃起をしないとセックスをすることができません。

 

このいずれにも作用するのが、テストステロンという男性ホルモンなのです。

 

 

テストステロンの分泌が鈍れば、自然と精力の減退を生み出します。

 

もしテストステロンが少なくなっているのであれば、サプリメントや精力剤を使って、外部から補給をすることができます。

 

 

自分の思いとは裏腹の精力減退は、本人にとってとても辛いものだと思われます。

 

その場合には、精力剤を有効活用していきましょう。

テストステロンの分泌が必要なわけ

なぜテストステロンの分泌が必要なのでしょうか?

 

よく「男らしさ」ということが言われますが、この男らしさを作り出すのが、テストステロンだと言われているのです。

 

胎児から生後6カ月の間にテストステロンが分泌されることによって、大脳のところに男女間の差を出すようになるといわれています。

 

物事に対する捉え方であったり、思考パターンというものが男らしくなるように、大脳が変質していくのです。

 

 

また男性というと、攻撃性が強いとされています。

 

こういった男性特有の特性も、テストステロンの影響によるところが大きいとされています。

 

テストステロンが作用することによって、人間はデリカシーがなく荒っぽさがあって、短気で攻撃的な面がある一方で、ワイルドでたくましく、明るさがあって前向きである、という性格を構成するといわれています。

 

 

ですから、テストステロンの量自体が少なくなるということは、性格の面でも影響を受ける可能性があるということになります。

 

例えば、活き活きとして人生を送ることができなくなってしまい、バイタリティーを失ってしまう可能性があります。

 

もし近ごろ元気がないという人は、精力剤やサプリメントで、テストステロンが配合されているものを服用した方がいいでしょう。

テストステロンと精力剤

精力減退気味という自覚がある人は、男性ホルモンの一種である、テストステロンの分泌が鈍っている可能性があります。

 

そうであれば、最近の精力剤の中には、テストステロンの成分が配合されている種類もあります。

 

精力剤やサプリメントの力を使って、少なくなったテストステロンの量を回復させることに、重きを置いた方がいいかもしれません。

 

 

ところで、ここで一つ不安なことがあります。

 

それは、「テストステロンの投与を続けた場合、身体が安心してしまって、テストステロンの合成をやめてしまうことがある」、ということが言われている点です。

 

実際、精力剤やサプリメントを販売しているメーカーには、この手の質問がよく届くといいます。

 

果たして、テストステロンの合成を身体がやめることはあるのでしょうか?

 

 

確かに、テストステロンの投与を続けることによって、体内のホルモンバランスを崩してしまうことはあるといいます。

 

その結果、体内でも分泌が止まることもあります。

 

しかしこれは、テストステロンの投与が過剰で、しかも長期間にわたった時に限られます。

 

一般的な精力剤やサプリメントの摂取で、テストステロンの分泌が止まることは、まずないでしょう。

 

 

特にヘヤーグロンやグローミン、トノスといった成分が含まれている精力剤が販売されています。

 

これらにはテストステロンが含まれていますが、含まれる量は少量です。

 

ですから、体内のテストステロンの分泌が精力剤のせいで止まってしまうのできないか、という心配はする必要はないでしょう。

 

トップへ戻る