精力剤とDHEAについて

サプリメントや精力剤の分野で注目を集めているのが、DHEAです。

 

テレビなどでも紹介され、大きな話題となっています。

 

 

このDHEAとは「デヒドロエピアンドロステロン」の略称で、ホルモンの一種のことです。

 

このホルモンは別名「マザーホルモン」とも呼ばれており、実に50種類以上ものホルモンの源となるといわれています。

 

このホルモンを摂取することで、精力増強はもちろん、滋養強壮、免疫力の強化などの効果を期待することができます。

 

現在、このDHEAを配合したサプリメントや精力剤が市場に多く売られるようになっており、購入する人が増えているのです。

 

 

このDHEAはもともと体内に存在しているホルモンで、加齢とともに減少していくという特徴を持っています。

 

とくに40歳を過ぎる頃から急激に減少していく傾向があります。

 

そのため、服用も40歳を過ぎてからが原則となっています。

 

摂取量は男性が1日20〜50mg、女性は10〜30?程度。

 

 

ホルモンの減少が、心身の健康状態にさまざまな影響をもたらすということは、広く知られています。

 

精力減退やスタミナ不足といった影響はもちろん、ホルモンバランスの乱れによる心身の不安定や体調不良などもあります。

 

DHEAは、服用することでそういった問題点を、総合的な改善へと導いてくれるのです。

 

精力剤としてはもちろん、健康目的のサプリメントとしても高い効果を期待することができるでしょう。

 

 

もちろん、勃起不全や持久力アップにも役立ちます。

 

精力増強、滋養強壮を目指している人は、試してみてはいかがでしょうか。

 

精力剤としてのDHEAの役割

サプリメントや精力剤にも使用されるようになっているDHEA。
いったいどのような役割なのでしょうか。

 

正式名称を「デヒドロエピアンドロステロン」というDHEA。
最大の特徴として挙げられるのが、「ホルモンを作り出すホルモン」であるということです。

 

 

体内で生成される、およそ50種類ものホルモンの源になることから、「マザーホルモン」とも呼ばれています。

 

体内のホルモンの中でももっとも分泌量が多く、男性ホルモンや女性ホルモンを生み出す役割も果たしています。

 

 

このように、大変重要な役割を果たしているDHEAですが、その分泌量は加齢とともにどんどん減少していきます。

 

ピークに達するのが20歳頃。

 

その後、年齢を重ねるとともに減少していくことになります。

 

とくに30〜40代の頃から、減少するペースが加速度を増していきます。

 

この年齢になると勃起不全や体力の衰え、あるいはシワやシミなどの肌のトラブルを抱えやすくなるのもそのためです。

 

 

70代になると、このDHEAの量は、20代の頃に比べておよそ10〜20%程度にまで落ち込んでしまうといいます。

 

それを、DHEAが配合されたサプリメントや精力剤で外から補うことで、衰えた精力・体力を改善し、滋養強壮へと導くことができるわけです。

 

 

このようにDHEAは、健康的な体作りに非常に重要な役割を果たすホルモンであることがわかります。

 

これを精力剤などで効果的に摂取することで、いつまでも若々しい体を保つことができるのです。

DHEA配合の精力剤の効果

DHEA配合の精力剤はどのような効果があるのでしょうか?

 

まず、DHEAの最大の特徴は、男性ホルモンそのものを服用するわけではないことです。

 

このDHEAというホルモンは、体内で生成される50種類ものホルモンの源となるホルモンです。

 

その中には男性ホルモンも含まれています。

 

ですから、これを摂取することで、男性ホルモンの生成量を増やすことができるわけです。

 

さらに、他の重要なホルモンの量も増やすことができます。

 

通常の強精剤の場合は男性ホルモンのみを増やすため、効果も限定されてしまいますが、DHEAなら精力増強のみならず、幅広い効果を期待することができます。

 

たとえば、ホルモンバランスの乱れによるうつ症状などにも役立つと言われています。

 

精神面の健康も向上することによって、不感症対策にも役立つのです。

 

精力剤としてのDHEAの注意点

DHEAの服用にはいくつかの注意点があります。

 

DHEAはホルモンですから、過剰に摂取すると、ホルモン性のガンのリスクを高めてしまう可能性があります。

 

男性の場合は前立腺ガン、女性の場合には乳ガンに注意が必要です。

 

過去の既往歴に気をつけましょう。

 

 

また、服用は原則として40歳を過ぎてから。

 

30代まではDEHAの量が十分足りているため、過剰摂取になる恐れがあるからです。

 

 

服用量にも注意が必要です。

 

定められた量を超えて服用した場合、ホルモンバランスが乱れ、精神の不安定化や吹き出物の増加など、さまざまな副作用が生じることもあります。

 

 

一般の精力剤同様、服用の際には十分注意し、何か問題が生じた場合には、すぐに医師の診察を受けるよう心がけるようにしましよう。

 

DHEAの増やし方

DHEAは、元々人体の中で作られている物質です。

 

特に20歳前後でその生産量はピークに達し、あとは徐々に少なくなっていきます。

 

85歳では、実に95%も生産量が低下するというのですから、驚きです。

 

また女性の場合は40代半ばから更年期を迎えますから、DHEAの減少はさらに進むことになります。

 

こうした加齢によるDHEAの低下は避けることはできませんが、食生活の見直しなどで、かなり改善することは可能です。

 

DHEAを増加させるためには、基本的に大豆イソフラボンや、いわしなどの青魚などを豊富にとるようにしましょう。

 

肉や魚、野菜をバランス良くとり、納豆などの大豆製品を普段からよく食べていれば、DHEAの低下は大きくカバーできます。

 

 

DHEAの作用の中で最も重要なものは免疫力の維持ですが、この他にもDHEAには、細胞の活性力や再生力を高めたり、筋肉を増強し、筋肉の能力を保つ働きもあります。

 

また男性にとって重要なのは、DHEAの持つ、性機能の改善や維持の効果です。

 

 

DHEAが増えることで、さまざまなホルモンのバランスが安定します。

 

もちろんこの中には、男性ホルモンなどの性ホルモンも含まれています。

 

つまり、DHEAさえ不足することがないように、食事などで補っていれば、精力剤としての効果が期待できることになるのです。

 

 

勃起不全になってしまったから、バイアグラなどのお世話になるというのは、あまりにも安易な方法です。

 

その点、DHEAを精力剤として取り込めば、効果も長く持続し、何といっても体全体が若返るというのですから、これに越したことはありません。

トップへ戻る