オナニーはしすぎると本当にペニスは大きくならないのか??

オナニーはしすぎると本当にペニスは大きくならないのか??

オナニーはしすぎると本当にペニスは大きくならないのか??

 

よく言われる説話「幼いころオナニーをし過ぎるとペニスの成長が止まる」は本当なのか??

 

参考書などを多く読み、実際はどうなのか調べてみました。

 

結果は、オナニーのし過ぎなどの回数は影響はしないようです。

 

まず、成長期になるとほとんどの男の人はオナニーをします。本能として。

 

ですので、ペニスの大きさに悩みを持っている男性がよく「幼いころオナニーをしすぎてしまった・・・」

 

という不安を持ちますが、実際のところは他の人たちも同じようにオナニーはやっています。

 

では、ペニスの大きさは何に影響されるのか??

 

大きくは3つです。

 

遺伝

一番の影響は遺伝です。身長や顔・体と同じように大きく影響を与えるのは遺伝のようです。

 

しかし、父親は大きいのに息子の自分は小さい・・・

 

そんな人は、母の家系に似ていることが多いです。

 

つまり、家系がペニスが小さければ、あなたも小さい可能性が高いですね。

 

同じように、家計が身長が低ければあなたも低い可能性が高いです。

 

しかし、身長にしてもペニスの大きさにしても、父親と母親の遺伝だけではありません。

 

父の家系と母の家系が影響を与えますので、家計の中で大きい人がいれば、その遺伝を受け継ぐ可能性があります。

 

運動・栄養のバランス>

 

成長期なのに食が細く栄養をしっかり取れてない子は小さいままですよね。

 

学生のころの給食を思い出してください。

 

体が大きい子はよくお代わりをして、小さい子はよく減らしていませんでしたか??

 

それと同じように、ペニスも栄養が足りずに十分成長しないことがあります。

 

ペニスを大きくするために大事なのは海綿体の血流の流れが大きく影響を与えていますので、

 

体を動かすことで得られる血流アップ効果はペニスに大きな影響を与えます。

 

食事でも、栄養バランスはとても大切です。

 

栄養表
血や肉や骨を作るたんぱく質や無機質

 

エネルギーの基になる無機質と脂質

 

体の調子を整えるビタミンをバランスよく摂取することは

 

ペニスの増大にも大きな影響を与えます。

 

生活習慣

 

生活習慣の中で、まずは食べ過ぎは良くないです。

 

肥満になってしまうと勃起時にペニスに血液が渡りにくくなります。

 

よく、「太っている人はあまりペニスが大きくない」って説がありますよね?

 

それは血液の流れが関係しているようです。血液がしっかり流れるように食事の摂取量も考える必要があります。

 

そして睡眠も大きく影響します。人間は寝ることで成長ホルモンが分泌されます。

 

特に夜11時ごろから2時ゴロの間に成長ホルモンが分泌されますので、

 

理想としては18歳ぐらいまでは11時までには就寝することです。

 

睡眠不足だとせっかくの成長タイミングをのがしてしまい、身長ももペニスも大きくなりにくくなります。

 

その他の影響として包茎があげられる

 

包茎もペニスの成長を妨げてしまいます。皮が被っているせいで、十分に成長せずに止まってしまいます。

 

大きくなってから包茎手術をしても効果がないですが、包茎もペニスの成長を妨げてしまいます。

 

もうペニスの増大は不可能なのか??

 

ペニスの増大は医学的に可能です。

 

実際にサプリや手術により大きくなっている人がたくさんいるのが事実ですし、

 

私の旦那も増大サプリを実践して大きくなりました。

 

個人差と生活習慣の違いはありますが、効果があるのは事実です。

 

旦那と一緒に実際に経験して、効果が大きかったのは「ヴィトックスα extra edition」です。

 

『ペニス増大サプリ』について調べている人ならほとんどの人が知ってるメジャーなサプリですね。

 

成分は120種類で成分量が豊富で、効果は1〜4cm程度です。個人差が結構あるようで、私のように2cm台大きくなる人もいれば4cm程度大きくなる人もいれば、あまり効果なかったという人もいます。

 

飲み方も影響を与えるようです。

 

詳しくはコチラをご覧ください(当サイトのトップページに飛びます)

 

トップへ戻る