一酸化窒素の生成量が増えるとED(中折れ)改善に効果があるのか

一酸化窒素の生成量が増えるとED(中折れ)改善に効果があるのか

一酸化窒素の生成量が増えるとED(中折れ)改善に効果があるのか

一酸化窒素と勃起の関係

勃起のメカニズムはまず脳で性的な刺激から興奮し、その後、脊髄等の神経を通った後に体内から一酸化窒素というというのが放出されます。

 

この一酸化窒素が放出されると、サイクリックGMPという物が体内の物質で発生し、それが、男性器ペニスへの血液の流入を弛緩し、促し、血液の流入によってペニスが膨張するという仕組みになっています。

 

ここでで重要な点は、一酸化窒素というのは、その男性器ペニスが勃起をする為に必要不可欠な要素という点です。
この一酸化窒素(NO)の量が少ない事によってサイクリックGMP(cGMP)の量が少なくなり、結果として血液の流入も促す事が出来ないのです。

 

よって、一酸化窒素を増やす治療方法は、ED(中折れ)改善に効果が期待できる方法の一つでしょう。

では、一酸化窒素を増やす為にはどのような方法があるでしょうか。

一酸化窒素を増やす為には、男性ホルモンを補う事です。
男性ホルモンを補うには、日々の運動による血行の改善、それから、ストレスの減少、ストレスを少なくする事によって、酸化ストレスというのを減らす事が出来ます。
これが男性ホルモンを高めるのに有効なんです。

 

日々の食事であれば、精の付く食べ物と言われる、うなぎ・レバー・豚肉・牛肉、それから牡蠣等も有効と言われています。

もっと手っ取り早くED(中折れ)を改善する方法

もっと手っ取り早くED(中折れ)を改善するには、男性ホルモンを補う成分が多く含まれている精力剤サプリメントを服用することです。
これは、亜鉛やミネラル類に加えてビタミン類、それから、精子の80%を作っていると言われるアルギニンの摂取もする事ができるからです。

 

また、ソフォンやトンカットアリ等、天然のバイアグラと呼ばれる成分も含まれていますので勃起力も改善する事が出来るでしょう。

 

トップへ戻る